過去問.com

介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 社会福祉概論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

社会福祉調査に関する次の記述のうち、適切なものに〇、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A ブース(Booth,C,)はイギリスのロンドン市で貧困調査を実施し、貧困の原因は個人の道徳問題が主であることを解明した。
B ラウントリー(Rowntree.B.)は、イギリスのヨーク市で貧困調査を実施し、相対的剥奪による貧困の再発見に寄与した。
C 社会福祉調査は、社会福祉援助支援の中の間接援助技術の一つとして位置づけられる。
D 社会福祉調査では、統計的な分析だけでなく、現場に足を運び状況を具体的に記述する社会調査も重要である。

 1 . 
A/○ B/○ C/○ D/×
 2 . 
A/○ B/○ C/× D/×
 3 . 
A/○ B/× C/○ D/○
 4 . 
A/× B/○ C/× D/○
 5 . 
A/× B/× C/○ D/○
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
13

正解は5です。
A~Dについて解説します。
A→ブースは「ロンドン住民の生活と労働」を調べ、1.全人口の約1/3が貧困線以下の生活であった。
2.飲酒や浪費の習慣からくる貧困ではなく、賃金や失業など雇用の問題が原因の貧困が多かった。
3.貧困と密住は相関する。
という3点を報告しています。したがって、設問は誤りです。
B→ラウントリーはヨーク市での貧困調査を行い、「健康と労働能力を維持するための最低限度の食料」に注目して調査を行いました。最低限度の水準のもととなる考えを提唱しました。したがって、設問は誤りです。
C→社会福祉における間接的援助技術は、地域援助技術、社会福祉調査法、社会福祉計画法、社会福祉運営管理からなります。したがって、設問は正しいです。
D→調査の中には、ニーズ分析もあります。ニーズ分析を行うには、現場に行き、対象者の声を直接聞いたり、実際を見たりすることが大切です。したがって、設問は正しいです。

2014/12/25 09:32
ID : wpoxudbb
1

正解は5です。

A(×)ブースは、イギリス出身、科学的貧困調査の創設者、ロンドンで貧困調査を行った人物です。また、調査結果から、貧困の原因は低賃金や失業などといった社会的要因であるとしました。

B(×)ラウントリーは、イギリスのヨーク市で貧困調査を行いました。貧困の基準を、生きていくための必要最低限の収入として、第一次貧困と第二次貧困とに分類。それを使い、貧困の定義づけを行いました。

2016/08/20 00:00
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。