過去問.com

介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 老人福祉論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

Nさんは要介護1の認定を受けており、自立歩行が可能であるがふらつきがあり、また、起居動作に時間がかかる。次の記述のうち、Nさんに対する介護保険制度の福祉用具の活用に関する介護支援専門員の対応として、適切なものに〇、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A 外出を容易にするために、電動車いすの貸与を受けるよう助言した。
B 布団による生活からベッドでの生活に転換するため、電動ベッドの貸与を提案した。
C 自立歩行の安定のために歩行補助つえが有効と思われたので、つえについての情報を提供した。
D 福祉用具の活用法について、リハビリテーションの専門員の意見を聞くよう勧めた。

 1 . 
A○  B○  C○  D×
 2 . 
A○  B○  C×  D○
 3 . 
A○  B×  C○  D×
 4 . 
A×  B○  C×  D○
 5 . 
A×  B×  C○  D○
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
19

正解は5です。
要介護1は生活の一部に部分的な介護が必要な状態を指し、具体的には立ち上がる時や歩行が不安定であったり、排泄や入浴での一部介助や全介助が必要な状態です。
A~Dを見ていきます。
A→Nさんは自立歩行が可能であるため、電動車いすは不要です。
B→要介護1なのでふらつきがあっても立ち上がれます。電動ベッドは不要です。
C→自立歩行でふらつきがあるため、適切です。
D→専門家に聞くことで適切な用具を指導してもらえるため、適切です。

2014/12/28 09:21
ID : wpoxudbb
0

正解は5です。

Nさんの身体状況の記述から、あえて電動車椅子や電動ベッドを使用する必要はありません。
また、福祉用具については専門家との相談や情報提供を行うことで、上手く活用できるよう支援することが大切です。

2016/08/20 16:02
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。