過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10734問」を出題

問題

次の記述のうち、平成17年の介護保険法の改正で法令上初めて示されたものとして、正しいものを一つ選びなさい。
 1 . 
グループホーム
 2 . 
自立支援
 3 . 
ゴールドプラン21
 4 . 
地域包括支援センター
 5 . 
市町村介護保険事業計画
( 介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 老人福祉論 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(3件)

評価する
11
評価しない
正解は4です。
各選択肢については以下のとおりです。
1→平成12年の介護保険実施に伴い、つくられました。
2→平成12年の介護保険法施行当初からありました。
3→平成元年、当時の厚生省が発表したものです。
5→平成14年に示されました。
評価後のアイコン
2014/12/29 08:50
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は4です。

平成17年(2005年)の介護保険法の改正で、新たなサービス体系の確立として、地域包括センターの創設が示されています。
評価後のアイコン
2016/08/20 16:22
ID : epcujbuen
評価する
0
評価しない
正解は「4」です。
平成17年の介護保険改正により導入された地域包括支援センターは、地域住民の保健・福祉・医療の向上、虐待防止、介護予防マネジメントなどを総合的に行うために市町村が設置する機関で、1つの中学校の学校区の範囲を1つの地域包括支援センターが担当することが一般的です。

各選択肢については以下のとおりです。
1 ×…グループホームは、平成12年の介護保険導入時に設けられた施設です。

2 ×…自立支援は介護保険の目的であり、平成12年に介護保険法が施行されて介護保険制度が導入された当初から今も変わりありません。

3 ×…ゴールドプラン21とは、高齢者保健福祉施策の一層の充実を図ることを目的に、1999年12月に厚生省(当時)が策定しました。「今後5か年の高齢者保健福祉施策の方向~ゴールドプラン21~」という正式名称があります。

5 ×…市町村介護保険計画は、平成17年より3か年計画とされましたが、その前からすでに導入はされていました。各年度における介護給付等サービスの種類ごとの量の見込みを表し、必要なサービスを確保すること目的に策定されます。
評価後のアイコン
2018/05/04 23:55
ID : nsukwcbv
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。