過去問.com

介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 老人福祉論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護保険制度に関する次の記述のうち、ただしいものを一つ選びなさい。

 1 . 
通所介護の介護報酬の算定は、1日単位であり、サービスの提供時間による差はない。
 2 . 
介護予防訪問介護の介護報酬の算定は、月単位である。
 3 . 
特定施設入居者生活介護の介護報酬と介護老人福祉施設の介護報酬は同じである。
 4 . 
介護老人福祉施設では、低所得者に対して、居住費等の負担の軽減は行われない。
 5 . 
居宅療養管理指導の報酬は、医療保険から支払われる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
11

正解は2です。
他の選択肢については以下のとおりです。
1→サービス提供時間単位、介護度別です。
3→特定施設入居者生活介護の介護報酬は、内部提供の場合と外部サービス利用の場合があります。サービスも居宅サービスに位置づけられます。介護老人福祉施設は施設サービスです。体系自体も異なり、当然介護報酬も異なります。
4→低所得者に対しては居住費、食費等の負担軽減が実施されています。
5→居宅療養管理指導の報酬は介護保険から支払われます。

2014/12/29 08:57
ID : wpoxudbb
3

正解は2です。

介護予防訪問介護の介護報酬は、月単位の定額報酬となっています。
月途中での、事業所の変更や、利用開始があった場合には、日割りで報酬が計算されます。

2016/08/20 16:24
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。