過去問.com

介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 障害者福祉論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

障害者の外出支援に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
道路交通法では、身体障害者用の車いすは、自転車と同じ軽車両に区分される。
 2 . 
道路交通法では、目が見えない者が道路を通行する時は、介護者が同行する場合以外は、つえを携え、又は盲導犬を連れていなければならない。
 3 . 
身体障害者補助犬法では、身体障害者補助犬を盲導犬及び介助犬の2種類としている。
 4 . 
視覚障害者誘導用ブロックのうち、線状ブロックは、段差の存在等の警告又は注意喚起を行うために路面に敷説される。
 5 . 
視覚障害者誘導用ブロックの表面の色彩は、原則黄色とする。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
23

正解は5です。
各選択肢については、以下のとおりです。
1→障害者用の車いすは手動でも電動でも歩行者の扱いになります。
2→道路交通法第14条には「目が見えない者(目が見えない者に準ずる者を含む。以下同じ。)は、道路を通行するときは、政令で定めるつえを携え、又は政令で定める盲導犬を連れていなければならない。」とあります。介護者の有無にかかわらず、つえ又は盲導犬が必要です。
3→身体障害者補助犬法では、身体障害者補助犬を盲導犬・介助犬・聴導犬の3種類としています。
4→説明文が「線状ブロック」ではなく「点状ブロック」です。線状部オックは、平行する線状の突起を表面につけたもので、視覚障害者の移動方向を指示するために用いられます。

2015/01/04 11:10
ID : wpoxudbb
0

正解は5です。

誘導ブロックは、視覚障害者が安全に移動できるよう敷設されている突起をつけた道路面をいい、点字ブロックの正式名称です。

色は、弱視者が標示を識別・確認しやすくするために黄色で統一されています。

2016/08/20 16:40
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。