過去問.com

介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) リハビリテーション論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

身体障害者に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせを一つ選びなさい。

A 脊髄損傷は、自律神経障害の原因となる。
B 二分脊椎は、排尿障害の原因となる。
C 虚血性心疾患は、脳血管障害の原因となる。
D 高血圧は、パーキンソン病の原因となる。

 1 . 
A B
 2 . 
A C
 3 . 
B C
 4 . 
B D
 5 . 
C D
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
13

正解は1です。
A~Dについて解説します。
A→脊髄損傷では、自律神経機能、運動機能、感覚機能、排尿・排便機能の障害がおきます。したがって正しいです。
B→二分脊椎は、胎生期に椎骨の後方部の椎弓が閉鎖せずに欠損している先天性疾患です。症状として下肢の運動麻痺、感覚麻痺、排尿・排便障害、水頭症などがあります。したがって、正しいです。
C→虚血性心疾患は狭心症と心筋梗塞をまとめた言い方です。心筋梗塞と脳血管疾患の脳梗塞はどちらも血管が詰まることで起こるので、関連性がないとは言えませんが、虚血性心疾患も脳血管障害も一つの病気を表現しているわけではありませんし、直接の原因とはなっていません。よって、設問の表現は誤りです。
D→パーキンソン病は原因不明の病気です。中脳にある黒質の神経細胞が変性するためにおこるといわれています。よって、設問の表現は誤りです。

2015/01/04 22:44
ID : wpoxudbb
1

A(○)自律神経は脊髄を通っているため、その通過路である脊髄の損傷は自律神経障害の原因になることがあります。
B(○)二分脊椎とは脊椎の一部が形成されずに生まれてきた先天的なものです。症状の中で、尿を我慢したり上手く排尿が行えないなどの排尿障害がみられます。

したがって正解は1です。

2016/04/09 00:27
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。