介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10754問 出題

問題

訪問介護に関する次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Eさん(女性、85歳)は、20年前に夫と死別した。現在、近くに住んでいる孫が時々訪れている。両下肢筋力低下、骨粗しょう症のため以前腰椎の圧迫骨折をしたことがあるが、伝い歩きは可能で自室近くにあるトイレには自分で行っている。視力・聴力にも問題はないが、意思疎通がはかれないことがしばしばある。要介護3と認定されており、毎日訪問介護を利用しながらアパートで一人暮らしを続けている。
ある冬の寒い日、いつものようにP訪問介護員(以下「P介護員」という)が訪問すると、トイレからEさんのベッドまで床や手すりが便で汚れていた。Eさんは、ベッドの中で毛布にくるまって横になっていたが、P介護員が声をかけると、「今日は寒いのに、のりちゃん(緊急連絡先の孫の名前)よう来たねぇ」と返事が返ってきた。

【問題】
サービス提供責任者は、本人や家族を交えてEさんの訪問介護計画を見直すこととした。今後の援助過程に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。
 1 . 
介護支援専門員が既に作成した居宅サービス計画を踏まえ、再アセスメントし、訪問介護計画の見直しを行う。
 2 . 
訪問介護計画の見直しに際しては、P介護員の視点を優先して援助目標を立案する。
 3 . 
見直した訪問介護計画の内容をEさん及びその家族等と再度確認する。
 4 . 
見直した訪問介護計画をもとに、P介護員と同行訪問し、援助内容が訪問介護計画の目標やケア内容と相違しないかモニタリングする。
 5 . 
援助を実施したP介護員と共に、援助に関する評価を行う。

この介護福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
3
評価しない
正解は2です。
文中の「P介護員の視点を優先」という部分が誤りです。利用者が主体にならなければならないため、P介護員の意見も参考に、サービス提供責任者としての判断を加味したものでなければなりません。
評価後のアイコン
2015/01/05 20:45
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
介護計画を見直すときは介護員の視点を「優先せず」に援助目標を立案します。
変化する状況を確認しながらEさんが日常の生活を送れるように見直しをしていきます。
評価後のアイコン
2016/04/09 01:21
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。