過去問.com

介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 老人・障害者の心理  過去問題 | 無料の試験問題

問題

パーキンソン病によって起きやすい心理的影響に関する次の記述のうち、適切なものに〇、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A 病名を告知されると本人だけでなく家族も同様に不安にかられる。
B 今しかできないという焦る気持ちが強くなり、仕事や趣味に意欲的になる。
C 歩行中に突然歩けないと助けを求めるのは、一種の甘えの表現である。
D 「自分は役に立たなくなった」と感じて孤立感に陥る。

 1 . 
A○ B○ C× D×
 2 . 
A○ B× C○ D×
 3 . 
A○ B× C× D○
 4 . 
A× B○ C○ D×
 5 . 
A× B○ C× D○
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

正解は 3 です。

A:これから先、進行していくことや、その為に必要となる介護について本人も家族も不安を覚えます。

B:パーキンソン病の症状にも意欲低下がありますし、自分がパーキンソン病であるという事にショックを受けて将来を悲観したり、意欲が低下する人が多いです。

C:歩行中突然歩けなくなる、逆に足が止まらなくなるというのはパーキンソン病の症状の一つです。

D:自分が家族の負担になっていると思い詰める人も少なくありません。またパーキンソン病の症状の一つである被害妄想から「私は邪魔者だから家族の一員ではない」などと思い込み、余計に孤立してしまう事もあります。

2014/09/25 11:37
ID : qxeqvpry
1

正解は3です。

A~Dについては以下のとおりです。

A→パーキンソンは進行していく病気です。病気になったご本人もさることながら、ご家族の方も大切な家族が治らない病気になってしまったことに対する不安にかられることでしょう。

B→パーキンソン病そのものもうつを引き起こしやすいですし、Aで述べたような不安から意欲の低下につながります。

C→パーキンソン病では、筋肉の収縮が起き、転倒しやすくなります。また、小刻みの歩行となります。前のめりで早足になり、急に止まったり、方向が変えられないということもあります。そのため、甘えの現象ではなく、症状として助けを求めるのです。

D→AやBで触れたように進行性の病気であり、またCで触れたように歩行障害も出てきます。これまでできていたことができなくなるという喪失感や意欲の低下があり、マイナスに物事を考えてしまいます。設問のとおりです。

2015/01/19 00:38
ID : wpoxudbb
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。