介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10797問 出題

問題

「平成18年人口動態統計」による65歳以上の家庭内における主な不慮の事故による死亡順位は、1位「溺死及び溺水」、2位「窒息」、3位「  A 」である。
( A )の予防に必要な住環境整備に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
 1 . 
火災報知機の設置
 2 . 
滑りにくい床材の使用
 3 . 
更衣室と浴室の温度差の解消
 4 . 
加湿器の設置
 5 . 
温水器の設置

この介護福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
9
評価しない
正解は2です。

Aに入るのは「転落・転倒」です。
65歳以上高齢者の不慮の事故順位1位は「溺死及び漏水」、2位は「窒息」3位は「転落・転倒」です。くわしくは、平成18年度人口動態統計第18表 家庭内における主な不慮の事故の種類別にみた年齢別死亡数・構成割合を参考にしてください。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii06/deth18.html
評価後のアイコン
2015/01/30 21:17
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
答え:2

Aは「転倒」です。
滑りにくい床材使用などのスリップ防止対策、また段差解消によるつまづき対策が必要です。
評価後のアイコン
2014/11/02 09:23
ID : paksxhpn
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。