過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10805問」を出題

問題

次のうち、片麻痺のある利用者ががぶり上衣の着衣をする場合、身体の各部位を通す順番として最も適切なものを一つ選びなさい。
 1 . 
健側上肢--------→患側上肢--------→頭
 2 . 
健側上肢--------→頭--------------→患側上肢
 3 . 
患側上肢--------→健側上肢--------→頭
 4 . 
頭--------------→患側上肢--------→健側上肢
 5 . 
頭--------------→健側上肢--------→患側上肢
( 介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 介護技術 )

この過去問の解説(4件)

評価する
14
評価しない
正解は3です。

衣服の着脱の介助は脱健着患です。
脱ぐときは健側から、着るときは患部=麻痺側からです。また、頭から先に着ると腕を無理に曲げる動作が出てしまいます。
評価後のアイコン
2015/01/30 21:25
ID : wpoxudbb
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
片麻痺の方の着衣の基本は「患側から」です。
評価後のアイコン
2014/11/20 15:02
ID : paksxhpn
評価する
2
評価しない
正解は3です。

服を着るとき、片方の上肢を通した時点で服の動きが制限されます。もう片方の上肢を通すためには、その上肢を曲げ伸ばしする必要が生じます。

1・2.健側の上肢を通した時点で服が固定され、患側の上肢を曲げる必要が生じます。この順番で着衣を行うのは困難なうえ、患側の上肢を痛める可能性もあります。

3.服を自由に動かせるうちに患側の腕を通しておけば、健側の上肢は曲げ伸ばしすることで袖に通すことができます。
なお、テキストによっては「患側上肢→頭→健側上肢」となっているものもありますが、これでも正解です。大事なのは「まず患側上肢を通すこと」です。

4・5.頭を通すことでも服は固定され、その後の上肢を通す動きを制限します。ゆったりした服なら4.の順番でも着衣は可能ですが、3.の順番の方が楽に患側の上肢を通せます。

なお、脱衣の際は逆に動かせる部位から脱いでいき、最後に固定が解除された服から患側上肢を抜きます。
評価後のアイコン
2019/04/17 22:15
ID : cgyhtybqgx
評価する
0
評価しない
正解は3です。

衣類を脱ぐときは健側から、衣類を着るときは患側から介助を行いましょう。
評価後のアイコン
2019/04/16 13:01
ID : ffbfhvfo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。