過去問.com

介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 介護技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

一人暮らしの高齢者の支援に関する次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Kさん(85歳、男性、要支援2)は5年前に妻を亡くし、自宅で一人暮らしをしている。以前は近くに住む友人とカラオケや将棋を楽しむなど活動的な日々を送っていたが、近ごろは足下がおぼつかなくなってきたため、自宅にいることが多くなった。商店街はバスを使わなければならない距離にある。会社員の長女は、他県に住んでいるが、週に1回は訪問して買い物や掃除など身の回りの世話をしている。Kさんは「できるだけ他人の力を借りずに、自分のことは自分でやっていきたい」と言っている。しかし、トイレに間に合わないことがあったり、大好きだった入浴も転倒を恐れ控えるようになってきており、生活に不安を抱くようになっている。週1回の介護予防通所リハビリテーション(以下「デイケア」という)と週1回の介護予防訪問介護を利用している。

【問題】
Kさんの社会生活の維持及び拡大の支援に関する次の記述のうち、適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A 下肢の筋力トレーニングを勧める。
B 一人で買い物に行くように勧める。
C 友人との交流の機会を増やすよう勧める。
D 長女の訪問回数を増やすよう勧める。

 1 . 
A○ B○ C× D×
 2 . 
A○ B× C○ D×
 3 . 
A○ B× C× D×
 4 . 
A× B○ C○ D○
 5 . 
A× B○ C× D○
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
9

A:◯ 社会生活の障害になっていることは「足元がおぼつかなくなってきた」ことです。ですから、下肢筋力を鍛えることは適切なことです。
B:☓ 商店街はバスを使わないと行けない距離です。生活や歩行に不安を抱えているご本人お一人で行くことは安全面から適切ではありません。
C:◯ ご近所に友人がおられますから、友人を家に招いたりして、交友を継続また増やすように勧めることは適切です。社会生活を持続する意欲にもつながります。
D:☓ 会社員で他県に住んでおられる長女にとって週1の訪問だけで精一杯でしょう。

2014/12/01 19:58
ID : paksxhpn
1

正解は2です。
B(×)→商店街は近場にはなく、買い物に行くことへの不安を長女の訪問の際に解消しているため、あえて不安を増やすような対応になるため不適切です。
D(×)→長女の訪問回数は現在のままで満足できており、訪問回数を増やすことでの社会生活の維持及び拡大へ繋がるとはKさん自身と長女にとっても考えることができないため不適切です。

2016/04/05 01:46
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。