介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10819問 出題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Mさん(78歳、男性、要介護2、身長160cm、体重65kg)は、妻(78歳)と二人暮らしで、脳梗塞で入院加療後、後遺症を抱えながらの在宅生活1年目である。歩行には一部介助が必要であり、時々、妻と車いすで散歩に出掛けるが、普段はテレビを見たり新聞を読むなどして過ごしている。食事の時は、車いすに座ってスプーンを用いて自分で食べられるが、身体全体が右側にずり落ちていることが多い。最近はむせることが多くなってきた。1ヶ月前に風邪をひいたが、現在は体調が安定している。Mさんはトイレで排泄することを強く希望し、妻の介助でトイレまで移動し排泄ができている。妻は腰痛を抱えながら昼夜を問わずトイレまで介助しているため、「疲れている、ゆっくり休んでみたい」と訪問介護員に話す。訪問介護(身体介護)を週に1回利用している。

【問題】
次の記述のうち、Mさんが、食事中にむせることが多くなった要因と考えられるものとして、最も適切なものを一つ選びなさい。
 1 . 
嫌いな食品が多いため。
 2 . 
カロリー摂取量が少ないため。
 3 . 
スプーンでの一口量が少ないため。
 4 . 
風邪の影響が残っているため。
 5 . 
食事中の姿勢が悪いため。

この介護福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
4
評価しない
むせは反射神経、運動神経の低下により、嚥下するタイミングで気管にフタをする喉頭蓋が間に合わないことから生じます。

そのため、食べ物が入っていくスピードと本人の飲み込む能力が適切で無いといけません。

考えられる原因として、姿勢が悪い(顎が上がっている)、食べ物(飲み物)の形状がさらっとしている、一回に口に入れる量が多すぎる、食べるスピードが早すぎる、口の筋力が低下している等です。

よって正解は5となります。
評価後のアイコン
2014/12/10 19:58
ID : paksxhpn
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は5の「食事中の姿勢が悪いため」です。物を口に運ぶ、咀嚼する、飲み込む際に姿勢が悪いと通常の状態より、むせやすく、嚥下が難しくなります。
評価後のアイコン
2016/04/05 01:59
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。