過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10822問」を出題

問題

[ 設定等 ]
「高齢者の虐待に関する調査結果」に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1 .  虐待者の続柄では、息子による虐待が最も多い。
2 .  虐待の種別・類型では、心理的虐待が最も多い。
3 .  性別では、男性の方が被害を受ける割合が高い。
4 .  世帯別では、夫婦二人世帯が最も発生率が高い。
5 .  相談・通報者では、民生委員が最も多い。
( 介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 形態別介護技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
25
評価しない
1:◯
2:☓ 平成24年度では「身体的虐待」65.0%、「心理的虐待」40.4%、「経済的虐待」23.5%、「介護等放棄」23.4%です。
3:☓ 被害者は女性の方が割合が高い。平成24年度では女性が77.6%です。
4:☓ 平成24年度においては「未婚の子と同居」が31.3%、「夫婦のみ世帯」が19.3%、「子夫婦と同居」が18.0%です。
5:☓ 平成24年度では「介護支援専門員」32.0%、「家族・親族」11.9%、「警察」10.6%です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
虐待者の続柄では、「息子」による虐待が一番多いという結果がみられています。
次いで「夫」、「娘」と調査結果が出ています。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は1です。
「息子」による虐待が最も多く、次いで「夫」「娘」「妻」「息子の配偶者」の順になっています。

他の選択肢については以下のとおりです。
2.最も多いのは「身体的虐待」です。
3.「男性」よりも「女性」の方が多いです。
4.「未婚の子と同居」のケースが多いです。これは虐待者の続柄とも関連しています。
5.「民生委員」ではなく、「介護支援専門員」です。

この問題は「平成18年度高齢者虐待の防止、高齢者の擁護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果」をもとに作られましたが、数値の違いはあっても、同じような傾向がみられます。厚生労働省ホームページから過去の統計を見ることができます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。