過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10827問」を出題

問題

[ 設定等 ]
精神障害者の支援に関する次の記述のうち、適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A 利用者を理解するために、過去の療養体験を聞く必要はない。
B つらいときや苦しいときは、弱音を吐かないように励ます。
C 不安や恐れ、被害的な妄想を訴えてきたときは、その人の事実としてそのまま受け止める。
D 薬を飲みたくないと訴えてきたときは、「無理に飲まなくてよい」と話す。
1 .  A○ B○ C○ D×
2 .  A○ B× C○ D×
3 .  A○ B× C× D○
4 .  A× B○ C× D○
5 .  A× B× C○ D×
( 介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 形態別介護技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
16
評価しない
A☓ 過去の療養体験を聞くことは本人を理解する良い方法の一つです。
B☓ 弱音や愚痴を聞いてあげましょう。それを吐き出せる関係を築くことです。
C◯
D☓ 薬を途中でやめてしまったり、飲んだり飲まなかったりだと症状が悪化する可能性があります。個人の判断ではなく、お医者さんと相談して判断する必要があります。飲みたくない理由をお医者さんに話し、相談するように促しましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
精神障害者の支援で大切なことは、利用者の病状・生活環境などを理解すること、話しに耳を傾けることです。また不安や恐れ、被害的な妄想に対しては本人の発言を否定したり、そんなことないなどの励ましをせず、話しに耳を傾け事実として話しを受け止める姿勢が適切です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正しいものは5です。

相手の話に傾聴する姿勢が大切です。そのため、Aが×、Bが×、Cが〇となります。

薬に関しては、飲まないとご本人の病状に影響を与えてしまいます。介護者が介護者の判断で飲まなくていいとは言えません。医師へ相談するなどの対処が必要です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。