過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10838問」を出題

問題

[ 設定等 ]




脊髄損傷のある人に関する次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Sさん(26歳、男性)は、2歳の時に交通事故で、頸髄損傷(C4損傷)となった。病院でリハビリテーションを受けた後に退院した。自宅では母親の介護によって生活していたが、ほとんど外出する機会がなかった。しかし、母親が病気になったこともあり、3ヶ月前に身体障害者療養施設に入所した。当初は施設の生活に戸惑いをみせていたSさんだが、最近では施設に慣れ、友人もでき、生活に活気が見られるようになった。Sさんの現在の状況は、食事は普通食、排便は浣腸により、排尿は膀胱ろうにより管理をしている。

【問題】
現在のSさんの可動な動作に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
 1 . 
座位での移動
 2 . 
首を動かすこと
 3 . 
肘を曲げること
 4 . 
寝返り
 5 . 
つまみ動作
( 介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 形態別介護技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
19
評価しない
頸髄損傷(C4損傷)では、首を動かせる他に、肩甲骨の挙げ下げのみです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
16
評価しない
正解は2です。頸髄損傷(C4損傷)は首を動かす、肩甲骨の上げ下げは可能ですが、その他の動作については介助が必要です。また首を動かすことは可能でも肘を曲げることは出来ません。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正しいものは2です。

C4損傷の状態は、四肢麻痺、全介助、目や頭を動かすことは可能、横隔膜による自発呼吸可能、移動は電動車いすといったものです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。