過去問.com

介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 形態別介護技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

脊髄損傷のある人に関する次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Sさん(26歳、男性)は、2歳の時に交通事故で、頸髄損傷(C4損傷)となった。病院でリハビリテーションを受けた後に退院した。自宅では母親の介護によって生活していたが、ほとんど外出する機会がなかった。しかし、母親が病気になったこともあり、3ヶ月前に身体障害者療養施設に入所した。当初は施設の生活に戸惑いをみせていたSさんだが、最近では施設に慣れ、友人もでき、生活に活気が見られるようになった。Sさんの現在の状況は、食事は普通食、排便は浣腸により、排尿は膀胱ろうにより管理をしている。

【問題】
現在のSさんの可動な動作に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
座位での移動
 2 . 
首を動かすこと
 3 . 
肘を曲げること
 4 . 
寝返り
 5 . 
つまみ動作
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
8

頸髄損傷(C4損傷)では、首を動かせる他に、肩甲骨の挙げ下げのみです。

2014/12/23 18:02
ID : paksxhpn
2

正解は2です。頸髄損傷(C4損傷)は首を動かす、肩甲骨の上げ下げは可能ですが、その他の動作については介助が必要です。また首を動かすことは可能でも肘を曲げることは出来ません。

2016/04/05 23:55
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。