過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 人間関係とコミュニケーション  過去問題 | 無料の試験問題

問題

自己覚知のために、最も重視するものを1つ選びなさい。

 1 . 
自分の感情の動きとその背景を洞察する。
 2 . 
自分の将来の目標を設定する。
 3 . 
自分中心でなく、他者中心に考える。
 4 . 
自分を肯定的にとらえる。
 5 . 
自分の価値観に基づいて行動する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
37

正解は1です。
自己覚知とは「自分自身の考え方などをしっかりと考え、理解しておくこと」です。
援助をする人が対象者に対して、偏見や先入観などを持って接してはいけません。人間の価値観とは、異なって当たり前です。自分の価値観だけで相手を理解してはいけません。自分自身の考えをよく理解し、対象者に接していくことが大切なのです。

2014/09/05 19:21
ID : cuddbcbtek
25

正解は 1 です。

自己覚知とは、自分の物事に対する考え方やその傾向を知っておく事です。
「あくまで自分の考え方がこうである」と意識する事で、それ以外の考え方も一つの意見として受け入れる事が出来ます。

2014/08/11 17:45
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。