過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 人間関係とコミュニケーション  過去問題 | 無料の試験問題

問題

Bさん(85歳、女性)は、認知症がある。ショートステイを1週間利用することになった。1日目の夕方、介護職員が忙しい時間に、Bさんは何回も、「わたしはここにいていいの」と繰り返し尋ねた。
介護職員の最初の言葉かけとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
「どこにいきたいのですか」
 2 . 
「後からゆっくり聞きますね」
 3 . 
「同じことを何回も聞かないでください」
 4 . 
「ここにいてくださっていいですよ」
 5 . 
「ここにじっとしていてください」
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
16

正解は 4 です。

介護においてのコミュニケーションの基本は、相手の気持ちに寄り添う事です。
常識的に考えて3や5のような言葉かけは絶対にしてはいけません。

状況や前後の会話内容によっては1や2のような言葉かけをする事も考えられますが、今回の場合、自分がここにいていいかどうか不安になっているので、その不安を払拭する為に、何度繰り返し尋ねられようと4のような言葉かけをするのが理想的です。

2014/08/11 21:13
ID : qxeqvpry
10

正解は4です。

Bさんは新しい環境に慣れることができず、自分の居場所ではないのではないかと不安を感じています。そのため、その不安に寄り添ってあげることが大切なのです。
確かに忙しい時間帯に同じことを何度も聞かれては、2や3のように答えたくなることもあるでしょう。しかし、認知症の方は常に不安とともに生活しているものなのです。その不安を煽るような発言は避けてましょう。
また、5のような威圧的な発言は決してはしてはいけません。
Bさんが問題のような発言とともに出入り口をしきりに気にするような態度をしている場合には、1のような発言も適していると考えられます。しかし、今回は不安を取り除く目的が一番重要なため、4が正解となります。

2014/09/04 17:04
ID : cuddbcbtek
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。