過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 社会の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

社会保障制度の歩みに関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
国民年金法が1950年に制定され、すべての国民を対象とする皆年金制度が成立した。
 2 . 
国民健康保険法が1950年代後半に改正され、すべての国民を対象とする皆保険制度の基礎が作られた。
 3 . 
1960年代になり、老人福祉法、母子福祉法、「精神保健福祉法」の3法が制定され、福祉6法体制が確立した。
 4 . 
1970年代前半には、高齢者の健康増進のために老人保健法が制定された。
 5 . 
1980年代後半から国民年金制度の見直しが始められ、1990年代に入って基礎年金制度が創設された。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
45

正解は2です。
国民健康保険法は、当初は1938年に健康保険法によって対象から外されていた農民層の救済を目的として制定されました。その後、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、社会保障及び国民保健の向上に寄与することを目的として、1958年に全部が改正され、皆保険制度の基礎が作られたのです。

国民年金法は1959年に制定されました。その後1961年に国民年金制度の実施により、国民皆保険が実現したのです。よって、1は不正解です。
福祉6法とは、福祉分野関連の法律である児童福祉法・身体障害者福祉法・生活保護法・知的障害者福祉法・老人福祉法・母子及び寡婦福祉法の6つを総称して指すものです。精神保健福祉法は含まれませんので、3は不正解となります。
老人保健法は1982年に制定され、2008年に題名改正を含む大幅な改正が行われて「高齢者の医療の確保に関する法律」となりました。よって、4も不正解です。
1985年に全国民共通の基礎年金制度を創設する年金制度の抜本的改革が行われました。これは加入している制度により給付と負担の両面で不公平が生じていたことが起因となっています。その後1986年4月から、学生を除く日本に住む20歳以上60歳未満の全国民を強制加入対象として、共通の基礎年金を支給する制度となったのです。1991年には学生も対象となりました。よって、5も不正解となります。

2014/09/07 14:10
ID : cuddbcbtek
12

正解は 2 です。

いわゆる国民皆保険制度の事です。
この制度の設立の背景に、農業などの自営業者・零細企業の従業員を中心に国民の3分の1が無保険者という社会問題がありますので、合わせて頭に入れておきましょう。

2014/08/13 16:04
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。