過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 社会の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護保険法に規定される要介護認定に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
要介護認定の対象は、65歳以上の者に限られる。
 2 . 
介護認定審査会は、要介護認定の結果を都道府県へ報告しなければならない。
 3 . 
要介護認定の取り消しが必要な場合は、都道府県が行わなければならない。
 4 . 
市町村は、要介護認定の審査及び判定の基準を定める。
 5 . 
市町村は、要介護認定の結果を当該被保険者に通知しなければならない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
38

正解は 5 です。

1:要介護認定は40歳以上の特定疾病の診断を受けた人も対象となります。

2:要介護認定の結果は都道府県ではなく、市町村に報告しなければなりません。

3:要介護認定の取り消しは、市町村が行います。

4:要介護認定の審査及び判定の基準は、国が決めます。

2014/08/13 19:38
ID : qxeqvpry
13

正解は5です。
介護保険法の第27条に「市町村は、第五項前段の規定により通知された認定審査会の審査及び判定の結果に基づき、要介護認定をしたときは、その結果を当該要介護認定に係る被保険者に通知しなければならない。」と定められています。

第二号被保険者(市町村の区域内に住所を有する40歳以上65歳未満の医療保険加入者)であっても、「要介護状態に該当すること、その該当する要介護状態区分及びその要介護状態の原因である身体上又は精神上の障害が特定疾病によって生じたものであること」の該当する場合は認定を受けることができます。そのため、1は不正解です。
介護認定審査会は、結果を市町村に報告しなければなりません。よって、「都道府県」となっている2は不正解です。
要介護認定の取り消しを行うのは市町村です。都道府県ではありませんから、3も不正解です。
介護保険法では、「認定審査会は、前項の規定により審査及び判定を求められたときは、厚生労働大臣が定める基準に従い、当該審査及び判定に係る被保険者について、同項各号に規定する事項に関し審査及び判定を行い、その結果を市町村に通知するものとする。」としています。よって、4は不正解となります。

2014/09/13 10:24
ID : cuddbcbtek
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。