過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 介護の基本    介護福祉士 過去問 | 無料の過去問題

問題

小規模多機能型居宅介護に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
2012年度(24年度)から開始された介護サービスである。
 2 . 
管理者は、医師であることが義務付けられている。
 3 . 
長期間の宿泊を目的としている。
 4 . 
訪問入浴介護のサービス提供を目的としている。
 5 . 
地域密着型サービスの1つである。
この介護福祉士 過去問の解説(3件)
13

正解は5です。
小規模多機能型居宅介護とは、施設への「通い」を中心とし、時には短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問」を組合せるなどして、家庭的な環境と地域住民との交流の下で日常生活上の支援や機能訓練を行うことなのです。

小規模多機能型居宅介護が開始されたのは、2006年(平成18年)です。介護保険法の改正によって誕生しました。よって、1は不正解となります。
管理者になれるのは、「特別養護老人ホーム、老人デイサービスセンター、介護老人保健施設、グループホーム等の職員又は訪問介護員等として、3年以上認知症高齢者の介護に従事した経験を有していること」、「厚生労働大臣が定める研修を修了していること」を満たしている必要があります。必ずしも医師である必要性はありませんので、2も不正解です。
小規模多機能型居宅介護は「通い」が中心ですから、長期間の宿泊を目的としていません。よって、3も不正解となります。
小規模多機能型居宅介護には訪問入浴介護サービスは含まれません。よって、5も不正解となります。

2014/09/15 09:53
ID : cuddbcbtek
付箋メモを残すことが出来ます。
7

正解は 5 です。

1:開始は2006年(平成18年)4月です。

2:医師である必要はありません。医師が管理者でなければならないのは、介護老人保健施設です。

3:あくまで居宅介護サービスの一つですから、ショートステイ(短期宿泊)を目的としています。

4:小規模多機能型居宅介護では訪問入浴サービスを受ける事は出来ません。

2014/08/16 10:11
ID : qxeqvpry
0

正解は5です。
小規模多機能型居宅介護は、平成18年から開始された介護サービスです。短期間の宿泊、訪問、通いがあり、自宅での生活を主体している方に向いたサービスとなっています。
訪問は、ホームヘルプのような訪問サーボスが行われており、訪問入浴サービスは受けることができません。

2017/03/09 23:42
ID : epcujbuen
border line
過去問.com 介護福祉士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。