過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 介護の基本  過去問題 | 無料の試験問題

問題

社会福祉法人が設置・運営、指定介護老人福祉施設のリスクマネジメントに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
サービス提供時に事故が発生した場合、損害賠償は市町村が行う。
 2 . 
事故のリスクを減らすために、利用者の飲酒・喫煙を禁止する。
 3 . 
事故後に家族に連絡・報告した書類を、インシデント報告という。
 4 . 
職員のプライバシーに配慮して、職員名は事故の記録に残さない。
 5 . 
事故が発生した場合、速やかに家族に連絡する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
16

正解は5です。
事故が発生した場合は、速やかに家族に報告する必要があります。事故内容や利用者の状態などを伝え、必要であれば来訪を検討してもらいます。

サービス利用時の事故に対する賠償は、各施設が行います。よって、1は不正解です。
事故のリスクを減らすために、飲酒・喫煙を禁止してはいけません。利用者が入所前となるべく同様の生活を送れるように、制限以外の方法でリスクを減らしていく必要があります。よって、2も不正解です。
インシデントは、「ヒヤリハット」つまり「事故が起こりうる状態」のことを指します。反対にアクシデントは「事故」のことを指します。よって、事故報告はアクシデント報告になるため、3も不正解となります。
事故報告書には、裁判などを行う場合の重要書類にあたりますから、職員名も対象者名も明確に記す必要があります。よって、4も不正解となります。

2014/09/18 09:36
ID : cuddbcbtek
10

正解は 5 です。

1:基本的に施設内で起こった事故に対しては、施設が損害賠償を行います。

2:事故のリスクを減らす為に対策を講じるべきは、喫煙時や飲酒時に事故を起こさないようにする為にはどうしたらいいかであり、これまでの生活習慣を変えさせる事ではありません。

3:インシデントとは、いわゆる「ひやりはっと」の事で、一歩間違うと事故に繋がっていた、という経験の事です。事故後家族に報告する書類は一般的に「アクシデント報告」と言います。

4:その場は何ともない事故だったとしても、大きな障害が残ってしまったりした場合には、警察が絡む事件になる可能性もある為、きちんと記録に残すようにします。

2014/08/16 10:57
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。