過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第16189問」を出題

問題

[ 設定等 ]




介護職の腰痛予防に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
日ごろから、前傾中腰姿勢での介護を心がける。
 2 . 
長時間、座位の姿勢をとっても腰に負担がかからない。
 3 . 
腰痛予防の体操として、静的ストレッチングが効果的である。
 4 . 
シーツ交換時のベッドの高さは、介護職の腰より低くする。
 5 . 
介護職の体幹を45度程度ひねって介護する。
( 介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 介護の基本 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
25
評価しない
正解は3です。
ストレッチングには2種類あり、1つは静的ストレッチング、もう1つは動的ストレッチングです。
静的ストレッチングはスタティックストレッチングとも呼ばれており、反動や弾みをつけずにゆっくりと筋肉を伸ばた状態でしばらく静止する、最も基本的なストレッチのことを言います。安全性が高いので、筋肉痛の予防や回復に効果があるとされています。
反対に動的ストレッチングはダイナミックストレッチングとも呼ばれ、反動を利用して、リズミカルに関節の曲げ伸ばしや回旋などを行うストレッチのことを言います。柔軟性の向上だけではなく、筋の弾力性・動作スピードの向上など、多くの効果があるとされています。
他の選択肢は決して腰痛予防にはならず、反対に腰を痛めてしまう原因にもつながりますので、注意が必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
21
評価しない
正解は 3 です。

静的ストレッチング:長時間同じ体勢でいた後に、ぐーっと両腕を上にあげてゆっくりと伸ばし、ある程度の時間その姿勢を保って筋を伸ばすような運動の事を指します。

動的ストレッチング:体育の前にする屈伸運動などのように、反動をつけながらグッグッと筋を動かすような運動の事を指します。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は3です。
実際に試してみるとよく分かりますが、①・②・④・⑤の選択肢が全て腰に負担がかかり、腰痛の原因となるものです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。