過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第16190問」を出題

問題

[ 設定等 ]
重度の運動性失語症(motor aphasia)のある人のコミュニケーションを促進する方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  ひらがなで筆談する。
2 .  言葉で話すように促す。
3 .  絵や写真など視覚化された情報を用いる。
4 .  ボタン操作で音声を入力できる機器を使うように促す。
5 .  二者択一の問いかけはしない。
( 介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) コミュニケーション技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
52
評価しない
正解は 3 です。

運動性失語症は、言葉の理解はあるものの、発語が難しいタイプを指します。
例えば複数の花の写真を見せて「バラはどれですか?」と聞くと正しく指し示す事が出来ますが、バラの写真を指差して「これは何ですか?」と聞かれた時に『バラ』という言葉が出てこなかったりします。

よく対にして出題される感覚性失語症は、相手の言っている事に対する理解が乏しい為、会話が成立しません。
先述した例のように「バラはどれですか?」と聞かれても、まずその質問の意味が理解出来ないので指し示す事が出来ません。
ただしジェスチャーやボディランゲージは理解出来るため、コミュニケーションには、もっぱらこれらが使われます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
31
評価しない
正解は3です。
運動性失語症はブローカ失語症とも呼ばれ、言葉は理解できるのですが、うまく発語することができなくなってしまう症状のことを言います。この症状を発症してしまうと、イメージが言葉になる過程で障害が起こっているため、正しい言葉を出すことができません。そして、文字を書くこともできなくなってしまいます。言葉はしっかりと理解できていますから、言葉を発したり文字を書いたりしなくてもよいようなコミュニケーション方法が必要になるのです。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は3です。
運動性失語症は、言っていることが理解できるも、自分の思っていることを言葉として出すことができない、しゃべり言葉の障害を特徴とした失語症です。重度となると声を発すること自体が困難になってきます。
3は、運動性失語症の方にとって一番効果的な方法で、答えるという不安を軽減したコミュニケーションをとることができます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。