過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) コミュニケーション技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

重度の運動性失語症(motor aphasia)のある人のコミュニケーションを促進する方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
ひらがなで筆談する。
 2 . 
言葉で話すように促す。
 3 . 
絵や写真など視覚化された情報を用いる。
 4 . 
ボタン操作で音声を入力できる機器を使うように促す。
 5 . 
二者択一の問いかけはしない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
35

正解は 3 です。

運動性失語症は、言葉の理解はあるものの、発語が難しいタイプを指します。
例えば複数の花の写真を見せて「バラはどれですか?」と聞くと正しく指し示す事が出来ますが、バラの写真を指差して「これは何ですか?」と聞かれた時に『バラ』という言葉が出てこなかったりします。

よく対にして出題される感覚性失語症は、相手の言っている事に対する理解が乏しい為、会話が成立しません。
先述した例のように「バラはどれですか?」と聞かれても、まずその質問の意味が理解出来ないので指し示す事が出来ません。
ただしジェスチャーやボディランゲージは理解出来るため、コミュニケーションには、もっぱらこれらが使われます。

2014/08/16 16:56
ID : qxeqvpry
21

正解は3です。
運動性失語症はブローカ失語症とも呼ばれ、言葉は理解できるのですが、うまく発語することができなくなってしまう症状のことを言います。この症状を発症してしまうと、イメージが言葉になる過程で障害が起こっているため、正しい言葉を出すことができません。そして、文字を書くこともできなくなってしまいます。言葉はしっかりと理解できていますから、言葉を発したり文字を書いたりしなくてもよいようなコミュニケーション方法が必要になるのです。

2014/09/20 07:19
ID : cuddbcbtek
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。