過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第16205問」を出題

問題

[ 設定等 ]
高齢者の身体機能の変化に対応した食事の提供方法として、適切なものを1つ選びなさい。
1 .  味覚の低下に対しては、調味料を多用する。
2 .  唾液分泌の低下に対しては、主食をパンにする。
3 .  腸の蠕動運動の低下に対しては、根菜類を積極的に取り入れる。
4 .  咀嚼力の低下に対しては、肉料理を控える。
5 .  口渇感の低下に対しては、酸味のある味付けにする。
( 介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
26
評価しない
正解は3です。
高齢者は腸蠕動運動が低下しやすいため、便秘傾向になる可能性があります。根菜類は食物繊維が豊富ですから、積極的に取り入れて腸蠕動運動の向上につなげましょう。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
正解は 3 です。

根菜類は食物繊維が豊富な為、便通を改善する働きがあります。
また体を温める効果もあり、血流が良くなるため、腸の蠕動運動の促進も期待できます。
評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
正解は3です。
根菜類を積極的に取り入れることで、高齢になるとみられやすい蠕動運動低下や便秘に対応できます。
酸味の強いものや、水分の少ないものは、ムセやすかったり詰まりやすいので嚥下の低下がみられるときはあまり適していません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。