過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 生活支援技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

クーリング・オフに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
デパートで購入した洋服は、どのような場合でもクーリング・オフできる。
 2 . 
訪問販売のクーリング・オフ期間は、10日間である。
 3 . 
訪問購入のクーリング・オフ期間は、5日間である。
 4 . 
通信販売の場合、クーリング・オフできない。
 5 . 
訪問販売でのリフォーム工事は、工事完了後はどのような場合でもクーリング・オフできない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
25

正解は 4 です。

通信販売にはクーリング・オフ制度がありません。
クーリング・オフ制度程の法的拘束力はありませんが、販売している業者のほとんどが、返品対応期間を定めていますので、そちらに従う事になります。

2014/08/25 10:57
ID : qxeqvpry
18

正解は4です。
クーリングオフできる取引は、訪問販売・電話勧誘販売・連鎖販売・取引特定継続的役務提供・業務提供誘引販売取引・訪問購入です。通信販売は含まれませんので、注意が必要です。

2014/09/20 09:25
ID : cuddbcbtek
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。