過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第16217問」を出題

問題

[ 設定等 ]




施設での終末期介護に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
マッサージや好きな音楽の鑑賞は、疼痛や不安の緩和に有効である。
 2 . 
死への恐怖を訴えた場合、それを否定する。
 3 . 
清拭を家族が行うことは避ける。
 4 . 
食事はカロリー摂取に重点を置く。
 5 . 
使用薬剤の特徴は把握しなくてもよい。
( 介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
15
評価しない
正解は 1 です。

終末期の介護は、基本的に「どれだけ穏やかに最期の時を迎えるか」に重点を置いて行います。
マッサージや好きな音楽の鑑賞はもちろん、本人や家族の希望があり、なおかつ医師からの許可があれば、制限されていた食事を緩和して好きなものを召し上がっていただいたり、少量の飲酒を許したりする事もあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解は 1 です。

マッサージや好きな音楽を楽しむことは、リラクゼーションにつながり、不安や痛みを軽減する効果が期待できます。

2.否定するのではなく、受容してあげることが必要です。

3.できるだけ家族の気持ちに添うようにします。このような行為を積み重ねることで、家族は死を受容していくことが出来るようになります。

4.食事は本人の好みを重視します。基本的に食事の制限はしません。

5.介護職として薬の特徴は把握しておかなければなりません。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は 1です。

終末期・ターミナルケアでは、身体的・精神的苦痛緩和やコミュニケーションが重要になります。本人の好きな音楽鑑賞などは、苦痛緩和にとても有効です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。