過去問.com
過去問.com  >   介護福祉士 過去問  >   過去問題 一覧  >   介護福祉士 過去問 第26回(平成25年度) 一覧  >   発達と老化の理解 問題16229
問題

介護福祉士 過去問
発達と老化の理解 問題16229

高齢者の疾患の特徴として、適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
症状が定型的である。
 2 . 
うつ症状は伴わない。
 3 . 
複数疾患の合併は少ない。
 4 . 
環境因子の影響を受けにくい。
 5 . 
生活の質(QOL)への影響が大きい。
この介護福祉士 過去問の解説(3件)
16

正解は 5 です。

例えば骨折一つを取ってみても、若い人ならある程度の安静とその後のリハビリで元の生活に戻れる事がほとんどですが、高齢者の場合、安静期間中に著しく筋力が低下してしまい、リハビリをしても以前のような筋力が戻せない事も多く、ADLの低下からQOLの低下をも招いてしまう事も多々あります。

2014/09/01 13:53
ID : qxeqvpry
付箋メモを残すことが出来ます。
5

正解は 5 です。

高齢者の特徴として以下のことがあげられます。
・全身状態の悪化、重症化になりやすい。
・複数の疾患を合併しやすい。
・非典型的な症状の現れ方をする。
・薬剤の副作用が出やすい。
・社会的要因や環境の変化で症状が変動する。

2016/04/23 11:06
ID : jjmjtmfkja
4

正解は5です。
QOLは人間らしく自分らしい生活を送っているかなどを評価し、健康や人間関係、社会での活動、趣味などの充実から高さを表します。
高齢者の疾患は、機能の低下などから自分らしく生活を送れなくなったり、活動に制限が出きたりすることから、生活の質(QOL)への影響が大きいことが特徴として挙げられます。

2016/05/03 18:54
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 介護福祉士の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。