過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第16232問」を出題

問題

[ 設定等 ]
心房細動(atrial fibrillation)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 .  合併症として脳出血(cerebral hemorrhage)が多い。
2 .  75歳以上では、ワルファリン(warfarin)などの投与を避ける。
3 .  頻脈になることが多い。
4 .  80歳以上では、有病率は1%以下である。
5 .  高血圧とは関連がない。
( 介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 発達と老化の理解 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
50
評価しない
正解は 3 です。

心房細動とは不整脈の一種です。

1:合併症としては脳梗塞(脳塞栓症)が圧倒的に多いです。

2:ワルファリンには出血のリスクがある為、70歳以上への投与は一般的な量よりも減らして投与される場合が多いです。

4:基本的に心臓の機能の低下によるものなので、年齢が上がるにつれ有病率もあがります。80歳以上では10人に1人が心房細動を抱えていると言われています。

5:高血圧も心房細動もどちらも血液を送り出す働きに問題があります。高血圧であるという事はそれだけ心臓への負担も大きく、心房細動のリスクは当然増加します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
正解は 3 です。

1.× 脳梗塞の約15%が心房細動による血栓が原因とされ、合併症の中で一番多いとされています。

2.× ワルファリンを治療に使用することで、血栓症などの予防ができます。ワルファリンは管理が難しく、採血の負担や出血のリスクなどがあり高齢者への投与率は低いですが、使用することはできます。75歳以上はワルファリンコントロールが推奨されています。

3.○

4.× 心房細動は加齢とともに誰にでも起こる危険性がある病気です。80歳以上の高齢者では約1割の人が、心房細動を持っているといわれています。

5.× 心房細動は健康な人でも発症するといわれています。高血圧、糖尿病、心筋梗塞などの心疾患、睡眠不足、精神的ストレス時に発症しやすくなります。
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
心房細動になると、正常の時よりも心拍が速く、不規則になります。
そのことから③が正解となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。