過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 認知症の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

リアリティ・オリエンテーション(reality orientation)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
現実の感覚や認識を確認して、見当識に働きかける療法である。
 2 . 
認知症(dementia)の人に特化したコミュニケーションの方法である。
 3 . 
思い出を語り合うグループワークである。
 4 . 
主体的な生活を獲得するための作業療法である。
 5 . 
動物を介在させる療法である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
40

正解は 1 です。

リアリティオリエンテーションとは見当識障害を解消する為の訓練です。
「今日は○月○日です」「ここは△△(場所)です」「この方は□□さんです」など、繰り返して呼びかけたり質問したりしながら、現実認識を深めていきます。

2014/09/02 14:19
ID : qxeqvpry
2

正解は1です。
リアリティーオリエンテーション(現実見当識訓練)とは。
今いる場所、日付、季節など見当識障害で分からなくなった事柄についての質問を繰り返したり、その人が日常的に行っていたことについて話したり動作し、その人自身の残存機能をもとに見当識に働きかける療法です。

2016/05/10 20:14
ID : epcujbuen
2

正解は 1 です。

リアリティオリエンテーションとは、日付け、季節、今いる場所が分からないなどの見当識障害に対する訓練(現実見当識訓練)のことです。よって、1が適切といえます。

2016/04/23 11:12
ID : jjmjtmfkja
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。