過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 認知症の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

せん妄(delirium)の危険因子として、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
睡眠過多
 2 . 
ビタミンC欠乏
 3 . 
多血症(polycythemia)
 4 . 
高熱
 5 . 
喫煙
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
38

正解は 4 です。

せん妄の危険因子は大きく分けて「準備因子」「促進因子」「直接因子」の3つがありますが、高熱はこのうち「直接因子」に含まれます。

2014/09/02 14:26
ID : qxeqvpry
6

正解は 4 です。

せん妄は意識混濁に加え幻覚・錯覚が見られる状態のことを言い、危険因子として認知症・高齢者・男性・重症患者・うつ状態・発熱・脱水・不眠などがあげられます。

2016/04/23 11:13
ID : jjmjtmfkja
5

せん妄が起こる原因は色々とありますが、問題の中で当てはまるものは④の高熱です。

高熱が原因で大脳の温度が上がることにより精神神経に影響を及ぼし、せん妄が起こります。

2016/05/10 20:31
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。