介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第16246問 出題

問題

免疫力が低下したHIV(human immunodeficiency virus)感染者の生活上の留意点に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
火を通さない生ものを積極的に摂取する。
 2 . 
他者の皮膚に直接手で触れることは避ける。
 3 . 
びらんを防ぐために、肛門周囲を清潔に保つ。
 4 . 
日和見感染を防ぐために、日光に当たらない。
 5 . 
口腔内出血を防ぐために、口腔ケアは行わない。

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
28
評価しない
正解は 3 です。

1:免疫力が低下している時に生ものを食べると当たりやすいので火を通して食べるようにします。

2:手をつないだり、便座を共用したりといった通常の生活で感染する事はありません。

4:朝日に当たる事で体内時計をリセットして規則正しい生活を送れたり、紫外線に当たる事で皮膚表面の殺菌も出来るので、適度に日光に当たるようにした方が良いです。

5:免疫が低下している時に口腔ケアを行わないと、口の中で増えた細菌が肺に入り、誤嚥性肺炎を起こしてしまう可能性があります。
評価後のアイコン
2014/09/08 10:09
ID : qxeqvpry
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解は3です。
HIVは性的接触、血液、母子間を通してなど体液が感染経路となる病気です。
そのことから、肛門や膣にびらん(皮膚の損傷・炎症)ができることでHIVの感染症のリスクは高くなります。感染者はびらんを防ぐために肛門周囲を清潔に保つことに留意しなければいけません。
評価後のアイコン
2016/05/10 21:29
ID : epcujbuen
評価する
5
評価しない
正解は 3 です

1.× 免疫が落ちているときに生ものを食べることは、お勧めしません。しっかり火を通して食べましょう。

2.× 直接手で触れただけでは、感染しません。

3.○

4.× 適度に日光に当たることが必要です。日光を浴びることで体内時計がリセットでき1日のリズムを整えることができます。

5.× 口腔ケアを行わないことにより、う歯ができ口腔内に細菌が増えることによって誤嚥性肺炎などを誘発します。出血をしないよう、しっかりと口腔ケアを行います
評価後のアイコン
2016/04/23 11:34
ID : jjmjtmfkja
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。