過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第16247問」を出題

問題

[ 設定等 ]




知的障害のある人のライフステージ(life stage)に応じた支援に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
乳児期には、身体的な成長と精神的な成長のアンバランスに配慮する。
 2 . 
幼児期には、将来の就職を考えた自立プログラムを提供する。
 3 . 
成人期には、家族の障害受容を支援する。
 4 . 
壮年期には、親と死別した後の生活への適応を支援する。
 5 . 
老年期には、障害者福祉サービスの利用を支援する。
( 介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 障害の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
40
評価しない
正解は 4 です。

1:身体的な成長と精神的な成長のアンバランスに配慮するのは18歳くらいの青年期です。

2:将来の就職を考えた自立プログラムを提供するのは中学~高校性くらいの時期です。

3:家族の障害受容への支援は、ライフステージによらず、発覚次第行います。

5:老年期には障害福祉サービスよりも介護福祉サービスの利用を支援します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
正解は 4 です。

知的障害者やその家族の援助支援として以下のことがあげられます。

乳幼児期:心身の発達を促す支援、家族の障害受容支援を行います。

児童期から青年期:生活技術を身につけ、仲間づくりや対人関係の幅を広げる支援を行い、同時に身体の成長と精神の成長のアンバランスに配慮します。

壮年期:親との死別で生じる居住の確保をし、経済保障とともに喪失感への支援をします。

老年期:健康管理や加齢に伴う心身の状態の変化、それに伴う生活の変化への対応を支援します。
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
正解は4です。
知的障害があると生活上の制限や活動・参加の制限を受けることも多く、親の支援や援助によって生活を送っていくことも多くみられます。
壮年期は障害関係なく親との死別から生活に変化が起こりやすい時期でもありますが、障害をもっていると特に生活の変化や保障体制の変化に対する適応の支援が大切となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。