過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 障害の理解    介護福祉士 過去問 | 無料の過去問題

問題

慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease)の人の日常生活上の留意点として、適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
入浴では、お湯の温度を高めにする。
 2 . 
着替えをするときには、腕を高く上げない。
 3 . 
立ち上がるときには、息を止める。
 4 . 
和式トイレを使用する。
 5 . 
低カロリーの食事を摂取する。
この介護福祉士 過去問の解説(3件)
32

正解は 2 です。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、たばこ病とも呼ばれています。
運動時の息切れや、慢性気管支炎といった、たばこが原因の呼吸器疾患の事を指します。

日常生活においては、息切れするような動作を避けるようにします。
入浴も高い温度のお風呂につかると体力を消耗して息切れしてしまう事があるので、ぬるめのお湯につかるかシャワーで短時間で済ませるようにします。
また体力を維持する為にも、ある程度カロリーのある食事をする事も大切です。

2014/09/09 14:21
ID : qxeqvpry
付箋メモを残すことが出来ます。
6

正解は 2 です。

慢性閉塞性肺疾患の症状は咳、痰、呼吸困難があります。日常生活では肺が圧迫されてしまうような姿勢をすると、呼吸がしずらくなるため注意が必要です。生活を快適におくる上で注意が必要なことは以下の通りです。

・着替える時は、前かがみにならないよう椅子に座ったり、手を上にあげないようにする。
・入浴時は水圧がかからないように半身浴にする。
・栄養バランスのとれた食事をする。
・水分をしっかり取る。
・感染症に注意し、うがい手洗いをしっかりと行う。
以上をふまえ、2が適切です。

2016/04/23 11:48
ID : jjmjtmfkja
3

正解は2です。
日常生活を送る中で体に負担がかかったり、肺を圧迫することで呼吸の障害が出やすくなります。

1(×)お湯の温度が高いと血圧上昇、呼吸数増加が起こりやすくなります。
3(×)息を止め立ち上がることは力んでしまう原因にもなり肺に負担がかかります。
4(×)和式トイレは洋式トイレよりも動作が大きくもなり体に負担がかかります。
5(×)他に疾患があるために低カロリーの食事を摂ることは間違っていませんが、慢性閉塞性肺疾患であればカロリーを摂取することで体力が作られますので適切ではありません。

2016/05/10 22:02
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 介護福祉士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。