介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第16262問 出題

問題

認知症(dementia)の人によくみられる排尿障害として、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
溢流性尿失禁
 2 . 
腹圧性尿失禁
 3 . 
心因性頻尿
 4 . 
切迫性尿失禁
 5 . 
機能性尿失禁

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
49
評価しない
正解は 5 です。

機能性尿失禁とは、排泄自体は正常に行えるのに、それに付随する動作に問題があって失禁してしまう事を言います。
例えば、脳こうそく後の麻痺で移動に時間がかかり間に合わずに失禁してしまったり、認知症によって排泄する場所がわからなかったりズボンの上げ下ろしの仕方がわからなかったりして失禁してしまったりする事などです。

溢流性尿失禁…なんらかの原因によって排尿出来ない事により、膀胱から尿が少しずつ溢れてしまう事を言います。

腹圧性尿失禁…骨盤底筋の緩みにより、くしゃみや重いものを持ち上げるなどお腹に力が入った時に尿が漏れる事を言います。

心因性頻尿…緊張などによって膀胱に尿がたまっていないにも関わらず尿意を催し、頻繁にトイレに行ってしまう事を言います。

切迫性尿失禁…急に尿意を感じ、そのまま我慢できずに漏らしてしまう事を言います。
評価後のアイコン
2014/09/17 17:02
ID : qxeqvpry
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解は 5 です。

溢流性尿失禁・・・前立腺肥大症などにより、膀胱にたまった尿を自力で出すことができず、あふれてしまう失禁です。

腹圧性尿失禁・・・くしゃみや咳などにより、高い圧力が腹部にかかり漏れる失禁です。女性に多いとされています。

心因性頻尿・・・・緊張や不安・ストレスなどの心理的な要因で起こる頻尿のことです。

切迫性尿失禁・・・尿をためておく筋肉の弛緩や障害などにより、尿が我慢できずに漏れてしまう失禁です。

機能性尿失禁・・・排尿器官に異常はないが、身体麻痺でズボンが下ろしにくい、歩行がうまくできない、認知症によりトイレの場所が分からないなどが原因でおこる失禁です。

よって5が適切です。
評価後のアイコン
2016/04/23 12:28
ID : jjmjtmfkja
評価する
4
評価しない
正解は5です。
機能性尿失禁は、運動機能低下や判断力低下が原因でおこる失禁です。
認知症では判断力により、トイレの場所が分からなかったり、排泄の仕方が分からなくなることで失禁してしまうことがみられます。
評価後のアイコン
2016/05/10 23:55
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。