介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第16264問 出題

問題

終末期において、死亡直前にみられる身体の変化として、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
筋肉の硬直
 2 . 
皮膚の死斑
 3 . 
尿量の減少
 4 . 
関節の硬直
 5 . 
角膜の混濁

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
35
評価しない
正解は 3 です。

もちろん個人差はありますが、排尿がなくなるもしくは極端に減少した後数日で亡くなる場合が多いです。
他の選択肢は、全て死後にみられる身体の変化です。
評価後のアイコン
2014/09/18 15:29
ID : qxeqvpry
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は 3 です。

一般的には尿が出にくくなったり、手や足が浮腫みやすくなりますが個人差があり必ず症状が出るとはいえません。しかし、他の選択肢は死後に起こる症状のため、3が適切です。
評価後のアイコン
2016/04/23 12:31
ID : jjmjtmfkja
評価する
7
評価しない
正解は3です。
死亡直前は身体の機能が低下します。特に腎機能・心機能の低下により尿が作りにくくなり尿量が減少すると言われています。
評価後のアイコン
2016/05/11 00:01
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。