過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) こころとからだのしくみ  過去問題 | 無料の試験問題

問題

Hさん(75歳)は、妻と二人暮らしであったが、最近、妻が亡くなった。その後、Hさんは親戚や知人とも会わずに、自室にこもっていることが多くなった。また、夜間は妻が使っていたタンスの前に座ったり、台所で妻の好きだった食器を出したりして家の中をうろうろしている。妻と死別後のHさんの夜間の行動を説明する悲嘆反応として、適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
探索行動
 2 . 
否認
 3 . 
敵意
 4 . 
無関心
 5 . 
恐怖
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
36

正解は 1 です。

いつも使っていた物の近くにいるんじゃないかとタンスの前に行ってみたり、亡き妻の姿を探し求めてうろうろしたりする行動を「探索行動」と言います。

2014/09/18 15:38
ID : qxeqvpry
2

正解は1です。
喪失体験後、人は感情・思考・行動など様々な場面で悲嘆反応がみられることがあります。
Gさんの夜間の行動(妻が使っていたタンスの前に座る、妻が好きだった食器を出す)は故人の探索行動に当てはまります。

2016/05/11 00:05
ID : epcujbuen
1

正解は 1 です。

悲嘆反応とは、死に対する心や体の反応のことをいい、以下のような反応が見られます。
身体的反応・・・食欲不振、睡眠障害、嘔吐など。
情緒的反応・・・無気力、無感覚、抑うつ、敵意など。
行動的反応・・・探索、混乱、活動減退、集中力低下など。

Hさんは昼間は無気力などの症状がみられますが、夜間の行動としてはタンスの前に座る、家の中をうろうろしていることから奥さんを探していると思われるため「探索」が当てはまります。
これらの反応は時間とともに落ち着いてくる傾向にありますが、心のケアはとても大切です。

2016/04/23 12:33
ID : jjmjtmfkja
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。