過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第17244問」を出題

問題

[ 設定等 ]
Bさん(40歳、男性)は精神科病院に10年間入院している。ある日、病院職員に地域で暮らしたいと申し出た。そこで病院職員はBさんと一緒に、地域相談支援を行っている事業所のC職員と面談をすることになった。

C職員の対応に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  Bさんに地域で生活することの苦労を説明する。
2 .  Bさんに地域の情報提供をしながら希望を確認する。
3 .  最初に地域移行支援計画の作成を行う。
4 .  地域移行を進めるためのケア会議は、C職員と病院職員で構成する。
5 .  地域移行した後のモニタリング(monitoring)は不要である。
( 介護福祉士国家試験 第27回(平成26年度) 社会の理解 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
26
評価しない
正解は 2 です。

1:初めに地域生活の苦労について話してしまうと、社会復帰へのやる気を削いでしまう事にもなりかねません。ただ苦労を説明するよりも「こんなこともあるかもしれませんが、一緒に乗り切りましょう」という前向きな声掛けをすることが望ましいです。

3:地域移行支援計画の作成には、本人の能力や希望などの情報が不可欠です。まずはそれらの情報を収集する必要があります。

4:地域移行を進めるためのケア会議は、C職員と病院職員だけでなく、本人や地域で支援してくれる人なども含めて構成することが望ましいです。

5:地域移行した後にはモニタリングを行い、新しい問題が発生していないかなどを常に確認していく必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
正解は2です。プランを立てる際には、まず、情報収集が大切です。

各選択肢については以下のとおりです。
1→情報として必要なこともありますが、最初にすべきことではありません。

3→計画は、ニーズを聞くなど情報収集を行わなければ作成できません。

4→ケア会議には対象者Bさんも含めて行うべきです。

5→モニタリングは必要です。チームとして見守ることが支援体制です。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
正解は 2 です。

まずは適切な情報提供を行ないながら、Bさんの希望を確認するようにします。

1.最初に苦労を説明するのは適切ではありません。

3.情報収集を行い、方向性が決まってから検討することです。

4.ケア会議にはBさん本人や地域でケアをしてくれる関係者も含めなければなりません。

5.プログラムが順調かどうかを確認する為にモニタリングは必要です。また、モニタリング結果から適切な支援が実施されるように計画の変更や調整を行なっていきます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。