過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第17265問」を出題

問題

バイステック(Biestek ,F.)の7原則を介護場面に適用したときの記述として、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
「個別化」とは、利用者に具体的な指示を出すことである。
 2 . 
「意図的な感情表出」とは、介護福祉職の感情表出を大切にすることである。
 3 . 
「統制された情緒的関与」とは、利用者の感情をコントロールしてかかわることである。
 4 . 
「受容」とは、利用者の同意を得ることである。
 5 . 
「非審判的態度」とは、介護福祉職の価値観で評価せずに利用者にかかわることである。
( 介護福祉士国家試験 第27回(平成26年度) コミュニケーション技術 )

この過去問の解説(3件)

評価する
37
評価しない
正解は5です。
バイステックの7原則とは、次の7つです。
①個別化の原則
②意図的な感情表出の原則
③統制された情緒的関与の原則
④非審判的態度の原則
⑤自己決定の原則
⑥秘密保持の原則
⑦専門的援助関係の原則

各選択肢について説明します。
1→「個別化」とは利用者を個人として捉え、利用者の問題・状況に応じて個別的な対応を行うことです。

2→「意図的な感情表出」とは、援助者が利用者の考えや感情を自由にできるよう働きかけ、利用者の感情表出を大切にすることです。

3→「統制された情緒的関与」とは援助者自身の感情をコントロールして関わることです。

4→「受容」は「非審判的態度の原則」で触れられている内容です。利用者のあるがままを受け止めることです。
評価後のアイコン
2015/04/28 09:24
ID : wpoxudbb
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
28
評価しない
正解は 5 です。

今回の問題は、介護士として常識的に考えれば知識がなくとも解ける問題です。

ただ、バイステックの7原則は、介護福祉士試験において頻出問題ですし、介護の仕事に携わっていく上で重要な考え方です。
この機会に以下の7つの言葉だけでもしっかりと覚えておきましょう。

1.個別化
2.意図的な感情表出
3.統制された情緒的関与
4.受容
5.非審判的態度
6.自己決定
7.秘密保持
評価後のアイコン
2015/05/14 22:39
ID : qxeqvpry
評価する
8
評価しない
正解は 5 です。

バイステックの7原則は、対人援助に関わる人の行動規範をあらわしたものです。以下の7つがあります。

①個別化の原則
②意図的な感情表出の原則
③統制された情緒的関与の原則
④非審判的態度の原則
⑤自己決定の原則
⑥秘密保持の原則
⑦専門的援助関係の原則


内容を暗記していなくても、介護者としての考え方や、日本語の意味を考えれば解答することは可能でしょう。

1.「個別化」は、利用者ひとりひとりにあった支援を行なうということです。

2.「意図的な感情表出」は、利用者の感情表出を大事にすることです。

3.「統制された情緒的関与」は、介護者の感情をコントロールすることです。

4.「受容」は、利用者を受け入れることで、利用者の同意を得ることではありません。
評価後のアイコン
2017/04/30 22:02
ID : ppswxtvfob
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。