過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第17266問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護福祉職が利用者とコミュニケーションを図るときの基本として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  緊張感が伝わるように、背すじを伸ばして接する。
2 .  愛称で呼んで心理的距離を近づける。
3 .  自分の意見と違っても賛同する。
4 .  利用者の言葉に感情的に反応する。
5 .  利用者の主観的な訴えに耳を傾ける。
( 介護福祉士国家試験 第27回(平成26年度) コミュニケーション技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
27
評価しない
正解は 5 です。

1:背すじを伸ばし、姿勢正しく接することは相手への敬意を表すことにもなるため間違ってはいませんが、「緊張感が伝わるように」という目的を持って接することは正しいとは言えません。

2:実際に介護の現場で働いていると、状況に応じて愛称で呼ぶ場合もあります。
しかし、基本的には「○○さん」と敬意をもって接するべきです。

3:この選択肢で迷われた方も多いかもしれません。
介護におけるコミュニケーションの基本は「共感」です。賛同とはまた別のものとなります。
極端な話「私の財布を○○さんが盗んだのよ!あの人は昔から盗癖があるの!」という訴えに対して
共感は「そんなことがあったんですか。大変でしたね」
賛同は「私も○○さんは盗癖があると思っていました」
と、大きな違いがあります。

4:利用者の言葉には、冷静に反応することが大切です。
認知症などを患っている利用者の中には、感情のコントロールがきかず、暴言や罵詈雑言を浴びせてくる人もいます。介護士はこれに感情的に反応せず「こういう病気なんだ」と冷静に受け止める必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
19
評価しない
正解は5です。
介護福祉職が利用者とかかわるときは、共感的理解を示すような態度が大切です。
共感的理解とは、その人の主観的な見方、感じ方、考え方をその人のように見たり感じたり考えたりしようとすることです。

各選択肢については以下のとおりです。
1→やや前傾姿勢を取るほうが、利用者に「話を聞いている」という安心感が伝わります。

2→相手によって受け止めはいろいろです。愛称で親しみを感じる人もいれば、なれなれしい、自分を軽く見ていると思う人もいます。お名前+さん付で呼ぶのがふさわしいです。

3→状況や内容にもよりますが、基本的な態度としては、否定も肯定もせず、受け止める態度が必要です。

4→感情的に反応することが共感ではありません。

評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は 5 です。

コミュニケーションを図る上でまず必要なのは、利用者の気持ちを理解し、尊重することです。
利用者の主観的な訴えに耳を傾けることで、利用者の気持ちや考え方を理解することができます。

1.相手に威圧感や緊張感を与える可能性があり、適切ではありません。

2.人生の先輩に対して失礼な行為です。

3.賛同する必要はありません。場合によっては状況を悪化させる可能性があります。

4.感情的になることは適切ではありません。トラブルにつながります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。