過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第17268問」を出題

問題

Hさん(80歳、女性)は、介護老人福祉施設に入所している。アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)と診断されており、複数の話題や複雑な内容を理解することは困難である。いつも同じ話を繰り返している。

Hさんが同じ話を繰り返すときの介護福祉職のかかわり方として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
時間の流れに沿って、話すように伝える。
 2 . 
新しい話題を提供する。
 3 . 
話の内容に沿った会話をする。
 4 . 
ゆっくり、はっきり話すように伝える。
 5 . 
途中で話を中断する。
( 介護福祉士国家試験 第27回(平成26年度) コミュニケーション技術 )

この過去問の解説(3件)

評価する
24
評価しない
正解は 3 です。

1:アルツハイマー型認知症では、見当識障害によって、時系列が理解できなくなることがあります。その点を理解していれば、時間の流れに沿って話をさせるという対応を取ることはないでしょう。

2:コミュニケーションの方法としては、間違ってはいませんが、今回の場合、本人は初めて話しているつもりです。聞いている側も初めて聞くような対応を取るべきですので、新しい話題提供をする必要はありません。

4:構音障害が出ていて、自分の言いたいことをうまく伝えられずにもどかしい気持ちを抱いている人には、正しい誘導の仕方です。
ただしHさんがそのような症状があるという記載はないため、対応として正しいとは言えません。

5:本人の話したい時に好きなだけ話してもらうことが、コミュニケーションの基本です。仕事である以上どうしても他にやらなくてはならないこともあるでしょうが、極力本人が納得するまで話に付き合うようにしましょう。
評価後のアイコン
2015/05/14 23:23
ID : qxeqvpry
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
正解は3です。

相手の話を受け止める姿勢が大切です。
他の選択肢、1,2,4,5のような態度は自分が受け入れられていないとHさんが感じ、怒りや不安を与えてしまいます。
評価後のアイコン
2015/04/29 16:01
ID : wpoxudbb
評価する
5
評価しない
正解は 3 です。

話の内容にそった受け答えをすることで、利用者は聞いてもらえていると安心することが出来ます。利用者との信頼関係を築く上で重要です。

1.認知症の人には難しい要求で、混乱させることになったり、自尊心を傷つけることにつながります。

2.5.本人が話したいことをさえぎる行為であり、適切とはいえません。

4.同じ話をする人への対応としては不適切です。
評価後のアイコン
2017/05/01 00:48
ID : ppswxtvfob
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。