過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第17269問」を出題

問題

[ 設定等 ]




行動・心理症状(BPSD)のある認知症(dementia)の人への介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
「何もやる気がしない」に対して、励ます。
 2 . 
「失敗しそうで怖い」に対して、かかわりを少なくする。
 3 . 
「財布を盗まれた」に対して、利用者と話し合う。
 4 . 
「亡くなった人が立っている」に対して、受容する。
 5 . 
「夫が呼んでいるので家に帰りたい」に対して、帰らないように指示する。
( 介護福祉士国家試験 第27回(平成26年度) コミュニケーション技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
19
評価しない
正解は4です。
認知症のある方への接し方として、

・自尊心を傷つけない
・本人の形成している世界を理解し、それに合わせる
・相手の主張を受け入れる
・やさしく愛情をもって接する
・本人の習慣や役割を継続できるようにする
・生活のリズムを整える
といったことが注意点として挙げられます。

選択肢の中で4だけが、本人の形成している世界を理解し、それに合わせており、また相手の主張を受け入れた態度です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
正解は 4 です。

1:状況やこれまでの信頼関係の構築具合によってはこのような対応をとることはあります。
しかし基本的にこのような訴えを起こしている人に「頑張りましょう」と励ますことは逆効果となります。
まずは共感し、その言葉の背景を少しずつ探るようにしましょう。

2:このような訴えを起こしている人に対して、かかわりを少なくすることは何の解決にもなりません。
失敗しないで済むよううまくフォローするようにします。

3:もの盗られ妄想は認知症の典型的症状の一つです。
適度に「大変ですね」などと共感し「一緒に探してみましょうか?」と声をかけたり、全く違う話題に話を持っていき「盗られた」という思い込みからうまく気持ちを逸らしてあげると良いでしょう。

5:帰宅願望も認知症の典型的症状の一つです。
施設に居る時だけでなく、実際には自宅にいるのに自分の生家に帰ろうとしたりすることもあります。
この場合は「○時に帰りのバスが出るので、それまで一緒に待っていましょう」などと声をかけ『今すぐに帰らなければならない』という気持ちを鎮めてあげる方法が効果的です。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は 4 です。

認知症でBPSDが出ている人への対応では、まず受容してあげるようにします。
間違った内容でも否定はせず、本人の話をまず聞いてあげることが重要です。

1.励ますのは逆効果になる場合があります。
「何もやる気がしないんですね。」とそのままを受け入れてあげるようにするのが適切です。

2.かかわりを減らすのではなく、さりげなく介助して、本人が失敗することを減らし、自信を持ってもらうようにするのが最適な対応と考えられます。

3.本人は本気でそのように思っているため、話し合うことはさらに興奮させてしまう可能性が高いです。
「一緒に探しましょうか。」などの声かけを行い、無くした物を見つけるのが良い判断と言えます。

5.指示するのではなく、本人の気持ちをしずめるような声かけをおこなうべきです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。