過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第17287問」を出題

問題

Mさん(77歳、女性)は一人暮らしである。半年前に転倒し、1か月間入院した。退院後は自宅にこもるようになり、週1回の訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用するようになった。ある朝、訪問介護事業所に、別居の長男から「母が悪質商法の被害に遭っているようです」と連絡があった。訪問販売で3か月間に高価な和服を次々に買っていて、Mさん名義の預金が100万円近く減っているという。長男は、「ほかにも買っているかもしれませんから、母の部屋を探してください。買った和服は着る機会もないのでクーリング・オフをさせます」と言い、すぐにでも手続きをとりたい様子である。

この日、訪問する訪問介護員(ホームヘルパー)の最初の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
ほかにも被害がないかどうか、Mさんの部屋の中を探す。
 2 . 
クーリング・オフが可能かどうか契約書の日付を確認する。
 3 . 
Mさんに和服を買うようになった経緯を確認する。
 4 . 
Mさんに和服を買うことが浪費であることを説明する。
 5 . 
販売業者にクーリング・オフの連絡を入れる。
( 介護福祉士国家試験 第27回(平成26年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

評価する
41
評価しない
正解は 3 です。

この問題はポイントをしっかりおさえておくことで解きやすくなります。

・Mさんは1人暮らしである。
・約5ヶ月前に退院してきて以来自宅にこもっている。
・訪問販売での購入はここ3ヶ月。
・認知症などで判断力が鈍っていると受け取られる記載はない。

これらを総合して考えると、いくつかの可能性が考えられます。

・Mさんが騙されて購入した。
・Mさんは本当に和服が欲しくて購入した。
・Mさんは人寂しく、訪問販売で頻繁に来てくれたことが嬉しくて購入した。

などです。
よってここで訪問介護員が取るべき対応は、まずMさんに和服を買うようになった経緯を確認することです。

もし寂しさを感じてのことでしたら、訪問介護に入る日を増やしたり、デイサービスに通うなど、人との交流の場を増やす必要があるかもしれません。
その場合、Mさんの今回の行動とその経緯を、サービス提供責任者から介護支援専門員に連絡してもらい、サービス内容の見直しをすることがもっともMさんのためとなるでしょう。
評価後のアイコン
2015/05/18 21:00
ID : qxeqvpry
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
21
評価しない
正解は3です。

各選択肢については以下のとおりです。
1→Mさんから探してほしいといわれていないので、説明なしに部屋の中を探す行為は、Mさんとの信頼関係を損ねる行動です。不適切です。

2、5→ご長男が手続きを取ろうとしていることなので、介護員の立場として行き過ぎた行為です。

4→どうしてMさんが和服を買うようになったのか、Mさんの気持ちに寄り添うような行動があってから、説明するのならわかりますが、いきなり訪問時に諭すことは不適切です。

評価後のアイコン
2015/05/02 11:41
ID : wpoxudbb
評価する
15
評価しない
正解は”3”です。

3:訪問介護員がまず第一にすべき事は、Mさんに「何故和服を購入するようになったのか」と経緯の確認をすることでしょう。
本人の意向を明らかにした後に、対処方法を考えます。悪徳商法の被害にあったかどうかは本人に聞かなければわからず、もしかしたら購入をしたい意図かあったのかもしれません。
評価後のアイコン
2015/07/20 22:45
ID : dpevyzcrch
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。