過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第17314問」を出題

問題

認知症(dementia)による実行機能障害に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
いつもと違うことがあると混乱して自然な行動ができない。
 2 . 
計画を立てて段取りをすることができない。
 3 . 
交通機関の自動改札機をスムーズに通れない。
 4 . 
2つ以上のことが重なるとうまく処理できない。
 5 . 
新しいことや大切なことが覚えられない。
( 介護福祉士国家試験 第27回(平成26年度) 認知症の理解 )

この過去問の解説(4件)

評価する
37
評価しない
正解は 2 です。

実行機能障害とは、計画を立てたり目的を持って行動することができなくなることを言います。

<例>
・煮物を作ろうと思って調理をはじめたはずが、出来上がってみたら刺身の水煮になってしまっていた
・洗濯をしようと洗濯機に洗濯物を入れたが、洗濯機の機能を使わず洗濯槽の中で手もみ洗いしていた

このように最初は「こうしよう」と思い立って行動をはじめても、やっているうちに手順や内容が変わってきてしまったり、ひとつ前の行動を忘れて何度も同じことを繰り返してしまったりする点が特徴です。

ちなみに(1)(3)(4)は理解・判断力の障害、(5)は記憶障害の説明です。
評価後のアイコン
2015/05/26 22:47
ID : qxeqvpry
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
◇正解は 2です。

全てあてはまりますが、問題は最も適切なものですので 正解は2となります。
 
1:実行機能障害

2:遂行機能障害(実行機能障害)
実行機能(遂行機能)とは、「目標設定」「計画立案」「目標に向けての計画の実行」「効果的行動」からなり、これらの機能が障害される遂行機能障害においては、
目的をもった行動や動作の遂行が困難な状態になります。
作業を順序立てて効率よく行うことができなくなるため、料理・掃除・仕事・後片けなどの「段取り」が悪くなります。
 
3:理解・判断力の障害

4:理解・判断力の障害
  
5:記憶障害
評価後のアイコン
2015/05/02 10:02
ID : xnrwrymhcc
評価する
12
評価しない
正解は2です。

各選択肢は以下のとおりです。
1→理解・判断力の低下です。

3→理解・判断力の低下です。

4→理解・判断力の低下です。

5→記憶障害です。

評価後のアイコン
2015/05/06 07:28
ID : wpoxudbb
評価する
8
評価しない
正解は”2”です。

1×:理解・判断力の障害に当てはまります。

2○:実行機能障害とは、段取りを立てて効率的に実行することができなくなることをいいます。

3×:理解・判断力の障害の当てはまります。
目に見えないメカニズムが理解できなくなるため、自動販売機や交通機関の自動改札、銀行のATMなどの前でまごまごしてしまいます。全自動の洗濯機なども上手く使えなくなります。

4×:理解・判断力の障害に当てはまります。
1度に処理出来る情報の量が減ることが原因です。

5×:記憶障害に当てはまります。
評価後のアイコン
2015/07/08 22:32
ID : dpevyzcrch
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。