過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第17331問」を出題

問題

[ 設定等 ]
糖尿病(diabetes mellitus)のある人の身支度の介護で、異変の有無について特に観察すべき部位として、適切なものを1つ選びなさい。
1 .  毛髪
2 .  耳介
3 .  鼻腔びくう
4 .  手指
5 .  足趾そくし
( 介護福祉士国家試験 第27回(平成26年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説 (4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
52
評価しない
正解は”5”です。

糖尿病を患うと、足のちょっとした傷から下肢切断へと繋がってしまう自体になることがあります。
背景として、神経障害があり足の感覚が鈍くなるため傷の発見や治療が遅れてしまったり、普段は靴や靴下を履いているために観察する機会がなく発見や治療が遅れがちになってしまう事があります。
通常、足にできた小さな傷は健康であれば自然治癒で回復するために大きな問題とはなりませんが、糖尿病の場合には小さな傷から下肢切断へと至るケースが多く、介護者は注意をしておく必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
23
評価しない
正解は5です。

糖尿病では合併症として末梢神経障害があります。また血行障害も起こります。これにより、足の指先の感覚がマヒし、指先にまで血液が届かない状態でも気づかず、壊疽を起こします。壊疽は組織が死ぬことです。壊疽が広がり、下肢切断のケースもあります。
指先の色が変わっていないか、確認することが大切です。

評価後のアイコン
評価する
19
評価しない
◇正解は 5です。

1:×

2:×

3:×

4:×

5:糖尿病により神経の障害があると、足趾(指)のしびれや痛みを生じます。
評価後のアイコン
評価する
18
評価しない
正解は 5 です。

糖尿病が進行すると足の先などの末梢神経が麻痺したり、血流が悪くなったりします。
人の体は血液が運搬する酸素などによって維持されているため、血流が滞ってしまうとそこから壊死が始まってしまいます。
またちょっと深爪をしてしまった程度でもそこからばい菌が入り込み壊死を進めてしまうこともあります。

通常壊死するほどの状態ですと強い痛みを感じるのですが、糖尿病により末梢神経が麻痺しているとその痛みを感じられず気が付いたら壊死が進んでおり切断を余儀なくされるという場合も少なくありません。

介護士はその可能性を常に頭に入れて、頻繁に状態を確認・把握しておく必要があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。