過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第17336問」を出題

問題

弛緩性便秘の原因として、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
大腸の蠕動運動の低下
 2 . 
過敏性腸病症候群(irritable bowel syndrome)
 3 . 
自律神経の失調
 4 . 
排便反射の低下
 5 . 
大腸がん(colorectal cancer)
( 介護福祉士国家試験 第27回(平成26年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説(3件)

評価する
40
評価しない
正解は 1 です。

弛緩性便秘とは、便が硬くなるいわゆる一般的な便秘のことを言います。

弛緩性便秘の原因には「大腸の蠕動運動の低下」の他にも「内蔵の垂れ下がりによる腸のゆるみ」「水分不足」「過度なダイエットによる筋力低下」などが考えられます。

2:過敏性腸病症候群では『痙攣性便秘』が起こります。
痙攣性便秘とは、便秘と下痢を繰り返すという症状が特徴的です。

3:自律神経の失調では『痙攣性便秘』が起こります。

4:排便反射の低下では『直腸性便秘』が起こります。
直腸性便秘とは、直腸に便が達しても便意が催されずに溜まっていってしまい、便が硬くなってしまうという便秘です。

5:大腸がんでは『器質性便秘』が起こります。
器質性便秘とは、腸内あるがんが便を通る場所を塞ぎ通過できなくなってしまうことから起こる便秘です。
評価後のアイコン
2015/06/02 22:55
ID : qxeqvpry
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解は1です。

弛緩性便秘とは大腸の筋肉がゆるんだことによっておこるもので、病気に由来しないものです。女性、高齢者、運動不足の人に起こりやすいです。

評価後のアイコン
2015/05/11 14:27
ID : wpoxudbb
評価する
9
評価しない
◇正解は 1です。

1:蠕動(ぜんどう)運動とは、
腸が伸縮を繰り返し、便を肛門へと運ぶ動きのことをいいます。
一般的な便秘の原因は、 この蠕動運動が弱くなっていることにあります。

2:×

3:×

4:×

5:×
評価後のアイコン
2015/05/07 15:08
ID : xnrwrymhcc
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。