過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24162問」を出題

問題

[ 設定等 ]




Bさんは、パーキンソン病(Parkinson disease)で、要介護3である。車いすを使用しているが、自分では移動できない。声が小さく、聞き取りにくい。難聴はない。食堂にいたBさんが、10mほど離れた窓の方向を指さして何か言ったが、少し離れた場所にいた介護福祉職には聞こえなかった。そのときの介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
Bさんのそばに行き、何も言わずにBさんの口元に耳を近づける。
 2 . 
Bさんのそばに行き、もう一度話すように依頼する。
 3 . 
その場所からBさんに、大きな声で話すように促す。
 4 . 
その場所からBさんに、聞こえないと伝える。
 5 . 
Bさんを窓のところに案内する。
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 人間関係とコミュニケーション )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
解説のイラスト
評価する
25
評価しない
正解は2です。

2.聞きなおすことは失礼にはあたりません。適切な判断と言えます。

1.4.大きな声が出ないBさんの尊厳を傷つける行為であり、適切ではありません。

3.大きな声が出せないBさんに行なうべき行為ではありません。

5.勝手な判断をせず、Bさんが何を訴えたかったのか確認するべきです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
解答 2

パーキンソン病の特徴の一つに、「小声」があります。小さな声でぼそぼそと話すことが特徴です。本人は、相手に聞こえていないことに気づいていないことも多いです。Bさんのそばへいき、もう一度話してもらうように依頼し、言っている内容をしっかりと把握することが適切です。

1.何も言わずに口元に耳を近づけるのは適切ではありません。こちらの依頼(この場合は「もう一度言ってほしい」)を伝えましょう。

3.パーキンソン病の特徴である小声のため、大きな声を出すことは難しいです。相手の病態を把握し適切な声掛けをしましょう。

4.その場所から伝えても、大きな声を出すことが難しいBさんにとっては伝える術がありません。

5.Bさんの言った内容も理解できていないまま行動に移すのは不適切です。まずは理解しようとしましょう。
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
正解は 2 です。

難聴ではないので少し離れた場所からの声は聞こえますが、パーキンソン病による言語障害があるため、はっきりと話すことが出来ません。

一番適切な対応は、相手のそばに行き何を話していたのかもう一度言ってもらえるよう依頼し、相手の声がより聞き取りやすいように少し口元に耳を傾けるです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。