過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24192問」を出題

問題

[ 設定等 ]




Gさん(70歳、男性)は、双極性感情障害(bipolar affective disorder)があり、入退院を何度も繰り返してきた。最近、様々な考えがつながりもなく浮かんで多弁になる躁状態になり、訪問介護(ホームヘルプサービス)に来たH介護福祉職にも次々に話しかけてきた。このときのH介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
「一度にいろいろ話すのはやめてください」
 2 . 
「また入院することになりますね」
 3 . 
「いつもより気分が高ぶっていますよ」
 4 . 
「私にはよく分かりませんが…」
 5 . 
「もっとお話を聞かせてください」
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) コミュニケーション技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
23
評価しない
解答 3

躁状態の時には、気持ちを落ち着かせるよう促す必要があります。その時に、感情的になったり、ヒートアップさせる言動をしないように配慮する必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
正解は3です。

躁状態にあるときは、相手の気持ちが落ち着くような声かけを行なうようにします。
相手を刺激して症状が悪化しないようにすることが重要です。

1.利用者を注意するような声かけは不適切です。

2.相手を不安にさせるような声かけであり、不適切です。

3.無関心であることを感じさせる声かけで、不適切です。

5.躁状態をさらに悪化させる可能性があります。
評価後のアイコン
評価する
18
評価しない
正解は 3 です。

「双極性感情障害」とは、うつ状態と躁状態を繰り返す慢性の病気です。

相手の気持ちが高まっている時は、気持ちが落ち着くよう優しく促し、行き過ぎた行為の時は感情的にならず、なるべく刺激を与えないようにする必要があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。