過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24193問」を出題

問題

[ 設定等 ]




Jさん(82歳、女性)は、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)で暮らしている。Jさんは朝食を済ませていたが、また朝食の準備を始めた。他の利用者が「さっき食べたでしょう」と言うと、Jさんは「まだです。今起きたばかりです」と答えた。このときのJさんに対する介護福祉職の言葉かけとして、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
「おなかがすきましたか」
 2 . 
「さっき、食べたばかりですよ」
 3 . 
「後片づけまで終わりましたよ」
 4 . 
「もう1回食べるのですか」
 5 . 
「食事より掃除をしませんか」
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) コミュニケーション技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
21
評価しない
正解は 1 です。

認知症の方は直前の出来事を忘れてしまうため、いくら説明しても理解をしてもらうのが難しく、否定したり、叱ってしまうと逆効果になってしまいます。

この事例の対応としては、まず、お腹が空いているのかを確認し、食べたいという希望があった場合は、先ほど朝食を食べているので軽めに果物などを提供し、落ち着いていただけるようにします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
正解は 1 です。

認知症の主な症状は記憶障害です。
実際に食事をした記憶がないため、2や3や4のような言葉をかけても、本人は納得できません。
認知症の人への対応では、否定することはせず、お腹がすいているかを確認し、必要であれば軽いおやつなどを提供するのが良い方法です。

5.本人に不満を感じさせる可能性があり、適切とは言えません。
評価後のアイコン
評価する
13
評価しない
解答 1

認知症の方とのコミュニケーションでは、その人の言動に対して否定したり、修正をすることはよくありません。その方の世界観を受け止めることが大切です。
朝食の準備をし、まだ食べていないというJさんに対して「お腹が空きましたか?」という質問はJさんの心情を理解しようとする質問であり、否定も修正もしていないため適切です。

2.3.4 食べていないというJさんに対し、修正したり否定しているので適切ではありません。

5 Jさんの食べていないという主張に対する返答がなく、受容的な受け答えでないため、適切とはいえません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。