過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24202問」を出題

問題

[ 設定等 ]
高齢者の整容支援の注意点として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  整髪料の使用は避ける。
2 .  目やにを拭き取るときは、目尻から目頭に向かって拭く。
3 .  爪を切るときは、少しずつ切る。
4 .  耳垢(耳あか)が固いときは、ピンセットを使って除去する。
5 .  義歯は乾燥させてからケースに保管する。
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
17
評価しない
正解 3

一気に切ると皮膚を切ってしまう恐れがあるため、少しずつ切るようにします。また、高齢者の爪はもろく割れやすいため、入浴後や蒸しタオルで蒸らし、爪を柔らかくしてから切るのが望ましいです。

1 髪型を整えることは気分転換や社会性維持のために大切です。整髪料は利用者さんの希望に合わせて使用します。

2 目やにを拭き取る時は目頭から目じりに向かって拭きます。

4 耳垢が固い場合は耳鼻科を受診することが適切です。

5 義歯は乾燥させてしまうと、ひずみが生じたり、割れてしまったりすることがあるので適切ではありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正解は3です。

深爪や皮膚を傷つけるのを予防するため、爪は少しずつ切るようにします。

1.整髪料は利用者が好きなものを使って大丈夫です。

2.目頭から目尻に向かって拭いたほうが安全です。

4.耳の中を傷つけてしまい、炎症や感染を起こす原因となるため、行ないません。耳鼻科の診察が受けられるようにします。

5.義歯は乾燥させると劣化します。専用の液の中に入れて保存するのが基本です。
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
正解は 3 です。

高齢者の爪はもろくて、割れやすくなっているので注意が必要です。力を入れすぎず少しずつ切ることが大切です。

1、高齢になると皮膚が弱くなりますので、整髪料を使用する際は刺激の少ないものを使用すると良いです。

2、目頭から目尻に向かって拭きます。

4、耳の中を傷つけてしまい、中耳炎等になる可能性があります。

5、乾燥させてしまうと、義歯が傷みやすくなってしまいます。義歯用のケースに液を入れて保管することが望ましいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。