過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24207問」を出題

問題

[ 設定等 ]




骨粗鬆症(osteoporosis)予防に必要なビタミンK(vitamin K)を多く含む食品として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
牛乳
 2 . 
 3 . 
豚肉
 4 . 
にしん
 5 . 
納豆
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
24
評価しない
各食品について説明します。

牛乳:カルシウムをはじめとして、たんぱく質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンをバランスよく含んでいます。
卵:完全栄養食品とも呼ばれています。
豚肉:ビタミンB1が多く含まれており、疲労回復ビタミンとも呼ばれています。
にしん:ビタミンB6とDを多く含みます。
納豆:5大栄養素が全て含まれています。ビタミンKが特に豊富に含まれており、カルシウムを骨に吸収させる働きがあります。

以上により、ビタミンKを多く含む食品は5の納豆となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
正解は5です。

ビタミンKは、ビタミンDとともに骨の健康を保つ働きがあります。
骨の形成を促し、骨からカルシウムが排出されるのを抑制する効果があります。
ビタミンKが多く含まれているのは納豆です。

1.カルシウムが含まれるため骨に良い印象がありますが、ビタミンKは含まれていません。

2.栄養成分は豊富ですが、ビタミンKは含まれません。

3.豚肉に多く含まれているのは、ビタミンB1やビタミンDです。

4.にしんに多いのは、ビタミンB6とビタミンDです。
評価後のアイコン
評価する
12
評価しない
解答 5

骨粗鬆症予防のためのビタミンKの一日摂取目標は250~300μgです。納豆には1パック(50g)あたり300μgビタミンKが含まれています(卵にもビタミンKが一個(50g)あたり7μg含まれていますが、今回の問題のなかでは納豆よりも少ないため適切ではありません)。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。